Python

ワードプレスと同じドメインにFlaskを配置する

Web上でFlaskが動くことを確認したら、最終的にワードプレスが動いているドメインにFlaskのフォルダをアップロードします。

0. ワードプレスのフォルダをバックアップする

これが最も重要です。
原則として変更するのは親フォルダの.htaccessファイルですが、手順を間違えるとワードプレスの作動に影響を及ぼしかねません。 
ワードプレス関連フォルダと親フォルダのファイルは
必ずバックアップをとっておきましょう

1. フォルダの構造について

私の場合、フォルダ構造は以下のようでした。



public_html-----wp-admin
             |
             |--wp-content
             |
             |--wp-includes
             |
             |--wp関連.phpファイル多数
             |
             |--.htaccessファイル

FlaskワークフレームのフォルダをFTP接続を使って、public_htmlフォルダにアップロードします。


public_html-----euler(オリジナルのFlaskのフォルダ)
             |
             |--wp-admin
             |
             |--wp-content
             |
             |--wp-includes
             |
             |--wp関連.phpファイル多数
             |
             |--.htaccessファイル

2. public_htmlフォルダの.htaccessを書き換える

この時点ではpublic_htmlフォルダへのアクセスがすべてワードプレスのページに流れるように.htaccessファイルによって制御されています。

そのため、Flaskフォルダへのアクセスがあったときのみ指定のフォルダ(この場合は「euler」フォルダ)に飛ぶように.htaccessの制御文の上に書き加えます。

繰り返しになりますが、変更する前に必ずバックアップをとっておきましょう。

変更前のpublic_html/.htaccessファイル



RewriteEngine On
RewriteRule .* – [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

変更後のpublic_html/.htaccessファイル



RewriteEngine On
RewriteRule .* – [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
RewriteBase /
RewriteRule ^euler/ – [L]
#この1行を追加

RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

これで

  • Flaskのワークフレームにアクセスのあった場合はFlaskのフォルダへ
  • その他のアクセスはワードプレスのページへ

振り分けられることになります。

3. Flaskフォルダ内ファイルのアクセス権を変更する

Webサーバーへ単独でアップするとき同様にアクセス権を変更します。
Flaskのフォルダ「euler」内のファイル構成は以下の通りです。



public_html-----euler(Flaskのフォルダ)----------euler.py (Flaskのappオブジェクト)
             |                             |
             |--wp-admin                   |--calc_euler.py (計算スクリプト)
             |                             |
             |--wp-content                 |--.htaccess
             |                             |
             |--wp-includes                |--index.cgi
             |                             |
             |--wp関連.phpファイル多数        |--templates(フォルダ)
             |                             |
             |--.htaccessファイル(2.で変更)   |--static(フォルダ)

Flaskのワークフレーム通り、
Templatesフォルダには表示ページの.htmlファイル
StaticフォルダにはBootStrapからのCSS, JavaScriptのファイルが入っています。

Flaskフォルダ内のアクセス権(パーミッション)を以下のように変更します。

euler/.htaccess → 644
euler/index.cgi → 755
euler/euler.py → 644

に変更します。

4. ページにアクセスする

以上の操作が終了した後、
ドメイン名 + / Flaskフォルダ名
にアクセスするとFlaskのフレームワークが起動します。

今回作成したページへのリンクです。 このブログのドメインの下に置いてあります。

https://programming-surgeon.com/euler

実際のFlaskのスクリプトの中身などもまた公開していきたいと思います。